毎年いたばしと江戸川の花火大会は日程がかぶるんです

7月 29th, 2014

医学の進歩はめざましく、命にかかわるような分野はもちろんですが、美容的な分野でも画期的な治療が発達してます。
私も知りませんでしたが、今、「自毛植毛」という技術があるんだそうです。文字通り自分の髪の毛を植毛して薄毛を解決する方法だそうです。
薄毛のことを「AGA」と呼ぶんだそうです。AGAは日本語で「男性型脱毛症」です。つまり男性ならではの脱毛ということです。こう書かれると立派な(?)病気に感じられますよね。
男性型脱毛症の特徴としてこめかみのあたりや頭頂部から脱毛が進行することが挙げられます。そうです。後頭部から薄くなる人っていませんよね。後頭部は男性ホルモンの影響を受けにくいそうで、髪が残るんです。
この後頭部の毛を利用するのが「自毛植毛」なんです。
後頭部から少しづつ髪の毛を毛包という毛根の部分ごと取って髪のない場所に植えるんです。
もちろん髪の毛を採取した部分からは髪がなくなります。つまり傷跡が残ります。標準的な毛包単位ごとに植毛するストリップ法(FUT法)という方式では、
上下1cm、幅10~20cmぐらいの頭皮を後頭部や側頭部から採取するそうです。この場合だと横長で線状の傷跡が残りますが、坊主にしない限りあまりわからないと思います。
もう1つ、FUE法というやり方では数ミリぐらいの範囲で毛根ごとくりぬいて、それを移植します。この場合は小さな穴の形の傷あとがたくさんできてしまいますが、これも坊主にしないとわからないそうです。
でも手術は基本日帰りだそうで、社会人や忙しい人間でも治療が行えるのはメリットです。
全然話は変わりますが、今年の花火大会は板橋の花火大会にいこうと思っています。いつもは足立の花火大会や隅田川なんですが、毎年、いたばしの花火大会は江戸川の花火大会とかぶるんですよ。で、なんだかんだで江戸川に行くんです。でも板橋のほうが家が近いので一度はいたばしにも行きたいなと思っていて、今年は夢がかないます。
いたばしも江戸川もそうですが、荒川、江戸川の花火は川が大きいのでサイズの大きな花火が上げられるのがみどころです。あと対岸の市、いたばしなら戸田、江戸川なら市川、と合同でやることで規模を大きくできるので、隅田川より全然迫力も数も多いんです。
でも夏ってあっという間に去りますね。8月が3か月あればいいのに!